作業療法士の採用・募集状況

作業療法士の需要は拡大傾向

リハビリ業界や医療全体からみて作業療法士のマーケットニーズは拡大傾向であります。

そのため就職する方向性も多く、選り好みをしなければと言う前提でございますが、就職場所に困ることはあまりないです。

しかし、選り好みをしないと言う事はないようです。

その理由としては、どのような領域で働きたいのか比較的ハッキリしていることが多く、職場をしっかりと選ぼうとする傾向が強いです。

そのため転職活動で失敗してしまう人も結構いるようです。

また、問題点として、理学療法士との差別化の面では、職場によっては理学療法士と同じような働きをすることになる場合もあります。

将来性はあるものの、しっかりとした作業療法士としての職業としての土台を作っていけるかどうかは、これからの作業療法士の大きな課題と言えるでしょう。

唯一のリハビリステーション特化の『作業療法士WORK』のキャリアエージェントが、あなたの転職をサポートをさせて頂く一助になればと思っております。

人気の職場での募集状況

作業療法士として活躍出来る病院などは、やはり業界の中で人気のある仕事場になります。

人気のある仕事場は、当然のように多くの作業療法士が応募をしてくるので倍率は高くなるでしょう。

注意をして頂きたいのは、決して倍率が高い仕事場だけが良い職場ということではないです。

ただ、注目を集めているだけということもあります。

実際にどのような雰囲気を持っているのかを事前で情報を得たりして確かめる必要があります。

作業療法士様のご希望に沿ったキャリアプランをご提案出来る『作業療法士WORK』のキャリアエージェントにご相談下さい。

作業療法士の数

作業療法士の人数は増加しているので、作業療法士の募集状況が現状のままであると、就職・転職が難しくなってしまうことは予想できます。

短期間で急激に変ることはないと言えますが、就職場所がたくさんある状況が当たり前という考え方を改めないといけない時代が来ると考えられます。

経験豊富な作業療法士だけでなく、新米の作業療法士の人が、新しいアイディアやチャレンジしていければ、作業療法士としての新しい道を見出せる可能性があります。

そうすれば、作業療法士として活躍できる職場環境が広がっていきます。

今の環境をより良くしていくために、『作業療法士WORK』のキャリアエージェントをうまく活用をして頂ければと思います。

ブランクOKの非公開求人も多数!