作業療法士の就職先

どの領域を選ぶかが重要

作業療法士として活躍できる場としては、一般的に『身体障害領域、精神障害領域、発達障害領域、老年期領域』になります。

ほとんどの作業療法士がこの領域のどこかに属していることになります。

しかし、この領域に含まれない現場で働いている作業療法士もたくさんいます。

リハビリとは少し違う学校であったり、あるいは行政の中で仕事をする人もいます。

新しい作業療法士としての可能性を広げていくことができればそれに越したことはありません。

重要なのは何をして働きたいのかです。

子どもが多くいる仕事場で働きたいという思う事や、高齢者との関わりを増やしたいという思う事です。

これによって自分の職場が定まってくるはずです。

色々な情報を持っている『作業療法士WORK』のキャリアエージェントに、一度ご相談下さい。

自分にあった職場が見つからない場合

自分の働きたい職場があるのに、その条件にあった仕事場を探すことができない場合も当然あります。

募集していないことも多分にあります。

あきらめなければ見つかる可能性もありますが時間がかかります。

それでも、見つからない場合は少し視点を変えてみると良いでしょう。

医療だけでなく、福祉・介護業界にも目を向けていくと良いです。

作業療法士はどこに就職するのかというよりも、就職した場所で何をするかのほうが重要になってきます。

一見、作業療法士とは全く関係ないような職場でも、活動によるリハビリの知識を持っている作業療法士は活躍できる可能性が十分にあります。

希望する働く条件や非公開求人を持っている『作業療法士WORK』にご相談下さい。

きっと、満足する転職先のお手伝いが出来ると思います。

自分自身の素養によって適した職場

職場に作業療法士が多い場合、その職場の作業療法はかなり仕事の流れが体系化されていることが多いです。

流れに沿って仕事を進めることができる分は楽ではありますが、新しい事のチャレンジや組織に序列があってストレスがたまる場合もあります。

逆に、作業療法士が少ない場合、まだまだ組織構築フェーズであり、ひとりひとりの負担は大きくなりますが、新しいことにチャレンジして自分自身が活躍出来る可能性があります。

自分自身の素養によって、組織の大きいところか小さいところでチャレンジするのか!?を決める事をお勧めしております。

色々な選択肢がご提案出来る『作業療法士WORK』のキャリアエージェントに、是非ご相談下さい。

ブランクOKの非公開求人も多数!