作業療法士の活躍の場

福祉・介護の現場でも活躍

作業療法士はリハビリ職として認められているので、活躍する主な現場は医療現場になります。

医療現場の中でも、リハビリ室や訪問リハビリステーションと呼ばれる場所が職場になることが多く、入院している人や在宅訪問する現場に行き、個人的なリハビリをするとなると、それぞれの患者さんの生活のスペースが活躍できる場となります。

この医療現場で働いている作業療法士がほとんどで、作業療法士が医療現場にいると言っても過言じゃありません。

作業療法士様のご希望に沿ったキャリアプランをご提案出来る『作業療法士WORK』のキャリアエージェントにご相談下さい。

医療現場での活躍も多い

作業療法士としてある意味非常に強い専門性を生かせる現場が福祉・介護の現場です。

病院の中であると多くのリハビリ職、特に理学療法士と仕事が被ってしまったり、あるいは強く影響を受けてしまうことがあります。

ですが、福祉・介護の現場であると、作業療法士は生活の場をフルに生かせることが多く、工夫次第では非常に深い専門性を現場にもたらしていくことができます。

現在の社会的なニーズとして、在宅医療にシフトをしております。

理学療法士より作業療法士の方が重宝されると言った声も良く聞きます。

理由として、
福祉・介護の現場になると食事や、移動、そしてさまざまな活動にサポートをしていくことになります。

本質的な意味で、作業療法士として腕の見せ所が多くあるでしょう。

転職したい病院や施設の特徴を明確にコンサルティングが出来る『作業療法士WORK』のキャリアエージェントにお任せ下さい。

あなた様の満足できる転職活動をサポートをします。

是非、ご相談下さい。

ブランクOKの非公開求人も多数!